読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即日融資で今に勝つ

 即日融資という言葉は知っていましたが、自分に は縁遠いものだと思っていました。別に預金があるからお金に困らない、などと言っているわけではありません。
自分の給料の範囲内で、慎ましい生活を送ることに慣れていたからです。
しかし、問題はいきなり起こるもの。私ではなく親友が、どうしてもお金を借りなければならない状況に陥ってしまいました。
 彼女はひとり暮らしをしていたのですが、どうしてもそこから引っ越さなくてはならなくなったのです。転居となれば、敷金礼金、その他もろもろでまとまったお金が必要ですよね、
私は預金を崩してそれなりの金額を貸そうとしたのですが断られ、逆に彼女が選んだのが、即日融資の申し込みです。
 有名な会社の自動契約機の前に座ったのは、もう深夜だったそうですよ。
そもそも知識のな い私達にとって、そういうところからお金を借りるのは、背に腹を変えられない状態になったからでしかありません。
彼女は初めてのことに怯えながらも、操作を終えて無事にお金を借りて、自分が希望を抱き、未来をかけた土地へと引っ越しをしました。しかしその後、一年もかからないうちに借金を返したのは、驚きです。
 即日融資でいつでも借りられる、と甘えずに、日々コツコツと働いた結果でしょう。今ではすっかりお金持ちといわれるような人になり、自動契約機の前に座った頃が、人生の底だったのだろうなと思わせるほどです。
即日融資で自身の転機に立ち向かった彼女は、最高にかっこいいと思いました。

【初めてのキャッシングについて】

次の給料日までは、まだ間が有るのに、急な出費で、お金が足りない…。

そんな経験をした事が有る方も居ると思いますが、
そんな時、そのような方達は、どうやってそのピンチを切り抜けたのでしょうか?

例えば、身内や友達にお金を借りるとか、
或いは、勤めている会社から給料を前借りするとか、
方法は色々と有るかと思いますが、

身内や友達にお金を借りるのは、
後々、トラブルに発展してしまうと、
その人間関係が崩れてしまうリスクが有りますし、

勤め先から給料を前借りするというのも、
それから先の生活の事を考えると、
あまり得策とは言えないかと思われます。

そこで、キャッシングという方法を活用してみてはどうか、という事になるわけですが、

そもそも、キャッシングとは何かというと、
簡単に言うと、金融機関からお金を借りる事を、キャッシングと言います。

キャッシングは、例えばクレジットカードに、その機能が付いている場合も有りますし、
消費者金融(所謂、サラ金です)からお金を借りるのも、キャッシングという事になります。

さて、キャッシングを行うに際して、一つ、絶対に忘れてはならない事、
それも、これから初めてのキャッシングを行う、という方に、特に肝に銘じて頂きたい事が有るのですが、

それは、当たり前といえば当たり前の事、
キャッシングにより借りたお金も、
必ず返さなくてはならない、という事です。

「何を、当然の事を」と言われるかもしれませんが、

キャッシングを行うと、
ATM
からお金が出てきて、そのお金をその場で受け取れるので、
初めてのキャッシングの場合は特に、

「これは、自分のお金だ」と、ある種の錯覚に陥ってしまう事が、意外に多いのです。

しかし、言うまでもありませんが、
これは金融機関から借りたお金ですので、
返済しなければなりません。

キャッシングは、あくまでも急場しのぎで、
どうしても、やむを得ず利用するものであると、
キャッシングを行う方、特に初めてのキャッシングを行う方は、常に認識しておくと良いでしょう。

無計画にお金を借りて、後で返せなくなる、という罠に陥る前に、
きちんと、どのように返済するか、最初から計画を立てた上で、キャッシングを行う事、

何度も言いますが、初めてのキャッシングを行う方には、その事をしっかりと意識して頂きたいと思います。

 

金融サービス利用者相談室の案内(金融庁)